ポートレートのその先へ

ポートレートは偶然の産物だ。

きっと写真上級者は偶然じゃダメなんだよ!

と怒るんだろうな。

でも、偶然は自分が呼び込むんですよね。

カメラマンの思ってる世界観なんて、一定の枠しかなくて、

(優秀なカメラマンでも)相手がいるポートレートはモデルとの

偶然のハプニングをいかに作っていけるかだと思う。

それは、一対一で向き合った場合どんな球を投げたらどう打ち返すか?

ピッチャーとバッターみたいなものです。

偶然を嫌う人は、全部自分の手中に収めようとするから発想や感情が一人分?

しかなくて写真がつまらないんだと思う。


どんなボールを投げるかで相手の出方は変わってくる。

投げる種類は多いほうがいい。

それはレンズがどうとか構図がどうとかの話ではなく、

向き合い方次第で写真は大きく変わると思います。








66回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

街撮り

絞り